対談シリーズ

ホーム  »  対談シリーズ

2021年第12回対談イベントのご案内【ゲスト:斎藤幸平様】

近藤よりみなさまへ

 

匠対談シリーズ2021年第12回会合は、

(1)私が会長を務める「地球システム・倫理学会」との共催で、

(2)オンライン(Zoom)のみにて行います。

 (3)時間帯が通常と異なり、16:00~18:00となりますのでご注意下さい。

 

今回のゲストは、いま話題の近著『人新生の『資本論』」の著者齋藤幸平大阪市立大学大学院経済研究科准教授です。

齋藤先生は、ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程を修了し、博士(哲学)。専門は経済思想、社会思想。同書では気候変動を止めるには、資本主義の際限なき利潤追求を止めなければならず、その答えはマルクスが晩年にたどり着いた思想である「脱成長コミュニズム」しかないと主張しておられ、賛否両論を巻き起こしています。

 

折しも中国が第三の「歴史決議」によって「21世紀のマルクス主義」を唱える中、齋藤先生には、資本主義の下では何故気候変動問題を解決できないのか、そして脱成長コミュニズムを導入し機能させるには何が必要か、それは日本人にとって有利なのか不利なのかなどにつきお話を頂きたいと思っております。

 

対談ゲスト:斎藤幸平准教授(大阪市立大学大学院経済研究科)

テーマ:脱成長経済社会は可能か

日時:2021年12月18日(土)

      16:00~18:00 

会費:一般4,000円  「匠」会員2,000円

    「匠」学生会員 500円

お申込み:

①下記フォームよりお申し込みください。

https://forms.gle/xn3v4aZd7E9YozGb9

②メールの場合:お申し込みはこのメールにご返信頂くかたちで行って下さい。

   

お申込み後、「お申込み完了メール」をお届けします。

 

(2)参加費:

上記「お申込み完了メール」お受け取り後、同メール記載の当法人口座に、お名前の前に「12」とご入力の上、12月15日(水曜日)までに該当金額をお振込み下さい。

 

注:(1)なお来年より新規に会員となることをご希望の方は、このメール添付の会員申込書のご提出と、会費(個人会員・年5,000円。12月31日まで有効)のお振込みをお願い致します。

 

(2)<オンライン配信につきまして>

今回のURLにつきましては、前日15:00に1回、当日15:00に1回お送りいたします。もし、前日15:00にメールが届かない場合には、当日できるだけお早めに飯間(takumi.japon@gmail.comもしくは090-9640-2024)までご連絡ください。万が一、配信がうまくいかなかった場合には、後日のアーカイブ配信となります。ご了承の上、お申し込みくださいますようお願い申し上げます。

 

主催:一般社団法人 TAKUMI-Art du Japon               

協賛:アルビオンアート株式会社

お問い合わせ・お申込み:TAKUMI-Art du Japon 事務局

Mail: takumi.japon@gmail.com

電話:03-6318-5950(担当:飯間)

お申込みの際は、お名前・メールアドレス・電話番号をお知らせ下

さい。

2021年第2回CVJ共催対談イベントのご案内【ゲスト:齋藤精一様】

皆様

 

この10月より開始した、一般社団法人「匠」(TAKUMI-Art du Japon)と一般財団法人カルチャー・ヴィジョン・ジャパン(CVJ)共催による対談シリーズ「現代アートの匠たち~その魅力を探る~」の第三回会合をご案内します。

 

(これは「匠」が2018年以来毎月行ってきた対談(主として日本の伝統文化や思想などをテーマとするもの)の流れの一部ではありますが、CVJ との共催により、その現代アートにおける専門性を生かしたものとして行うものです。クールジャパンに代表される現代のアートの魅力を掘り下げてお伝えすることで、日本の文化の幅の広さと奥行きの深さを感じて頂くことを目的とするものです)。

 

今回はクリエイター齋藤精一氏をお招きし、オンライン(Zoom)のみで行います。

 

齋藤氏には、各地で行われた芸術祭など最近のプロジェクトについて触れながら、デジタル化に拍車がかかる中、現代のアートはどこへ向かっているのか、リアルとバーチャルの関係はどうなるのか、そしてそれは人間が人間らしく生きていく上でどのような意味を持つのかなどにつきお話し頂く予定です。 

               

               記

 

対談ゲスト:齋藤精一氏(クリエイター)

1975年生まれ。コロンビア大学で建築デザインを学び、ニューヨークで活動を開始。クリエイター集団株式会社ライゾマティクス(現在の名前は株式会社アブストラクトエンジン)を設立。先鋭的なメディアアート作品や、現在開催中の奈良県奥大和での芸術祭(「MIND TRAIL奥大和 心のなかの美術館」)のプロデューサーなど多方面で活躍中。2025年大阪・関西万博People's Living lab クリエイター。

 

ホスト:近藤誠一(「匠」代表理事)

    井上智治(カルチャー・ヴィジョン・ジャパン代表理事)

テーマ:これからのあるべき表現ー文化と経済の関係

日 時:2021年12月6日(月)19:00~20:30

ツール:オンライン(Zoom)     

会費:一般4,000円、「匠」会員2,000円

   学生会員  500円

    

お申込み:

①下記フォームに必要事項を入力してください。後日お申し込み完了メールをお送りいたします。

https://forms.gle/Utj3sDwh2XU1T64x5

②このメールに返信する形で、お名前とZoomのURLをお送りするメールアドレスを明記の上メールをお願いいたします。

       

        お問い合わせ先 TAKUMI-Art du Japon 事務局

          Mail: takumi.japon@gmail.com

          電話:03-6318-5950(担当:飯間)

 

 

注:(1)参加費は、お申込後にお届けする「お申込完了メール」に記載の当法人口座に11月26日(金曜日)までにお名前の前に「03」とご入力の上にお振込み下さい。

(2)また新規に匠の会員となることをご希望の方は、このメール添付の会員申込書のご提出と、会費(個人会員・年5,000円。12月31日まで有効)を参加費と同時にお振込み頂くことで、直ちに会員割引がご利用できます。

(3)<オンライン配信につきまして>

オンラインのURLにつきましては、前日18:00に1回、当日18:00に1回お送りいたします。もし、前日18:00にメールが届かない場合には、できるだけお早めに飯間(takumi.japon@gmail.comもしくは090-9640-2024)までご連絡ください。万が一、配信がうまくいかなかった場合には、後日のアーカイブ配信となります。ご了承の上、お申し込みくださいますようお願い申し上げます。 

主催:一般社団法人 TAKUMI-Art du Japon               

   一般財団法人 カルチャー・ヴィジョン・ジャパン

2021年第2回CVJ共催対談イベントのご案内【ゲスト:田根剛様】

皆様

 

この10月より、一般社団法人「匠」(TAKUMI-Art du Japon)と、一般財団法人カルチャー・ヴィジョン・ジャパン(CVJ)は、共催により対談シリーズ「現代アートの匠たち~その魅力を探る~」開始いたしました。

 

これは「匠」が2018年以来毎月行ってきた対談(主として日本の伝統文化や思想などをテーマとするもの)の流れの一部ではありますが、CVJ との共催により、その現代アートにおける専門性を生かしたものとして行うものです。クールジャパンに代表される現代のアートの魅力を掘り下げてお伝えすることで、日本の文化の幅の広さと奥行きの深さを感じて頂くことを目的とするものです。

原則として当面、月に1~2度の頻度で行っていく予定です。

 

第一回は彫刻家の名和晃平氏をお招き致しました(10月15日)。

次回は下記のごとく、フランス・パリを拠点に世界的活躍をしておられる建築家の田根剛さんをお招きします。

対談の形式は、パリと繋いだオンライン(Zoom)です。

 

田根氏には、最近のプロジェクトについて触れながら、現代のアートはどこへ向かっているのか、建築界は自らが概念化した「モダニズム」のコンセプトから脱して、いまどの方向に向かっているのかについてお話し頂く予定です。 

               

               記

 

対談ゲスト:田根剛氏(建築家)

1979年生まれ。Atelier Tsuyoshi Tane Architects を設立し、日欧を中心に活躍中。最近の話題作に『エストニア国立博物館』や『新国立競技場・古墳スタジアム(案)』などのコンセプトの根底には、土地の記憶がもつ叡智が「未来をつくる原動力」であるとの信念がある。

 

ホスト:近藤誠一(「匠」代表理事)

    井上智治(カルチャー・ヴィジョン・ジャパン代表理事)

テーマ:記憶が未来を創造する

日 時:2021年11月29日(月)18:30~20:00

ツール:オンライン(Zoom)     

会費:一般4,000円、「匠」会員2,000円

   学生  500円

    

お申込み:

①下記フォームに必要事項を入力してください。後日お申し込み完了メールをお送りいたします。

https://forms.gle/k44bdEnqWJTrX7WM7

②このメールに返信する形で、お名前とZoomのURLをお送りするメールアドレスを明記の上メールをお願いいたします。

       

        お問い合わせ先 TAKUMI-Art du Japon 事務局

          Mail: takumi.japon@gmail.com

          電話:03-6318-5950(担当:飯間)

 

 

注:(1)参加費は、お申込後にお届けする「お申込完了メール」に記載の当法人口座に11月26日(金曜日)までにお名前の前に「02」とご入力の上にお振込み下さい。

(2)また新規に匠の会員となることをご希望の方は、このメール添付の会員申込書のご提出と、会費(個人会員・年5,000円。12月31日まで有効)を参加費と同時にお振込み頂くことで、直ちに会員割引がご利用できます。

(3)<オンライン配信につきまして>

オンラインのURLにつきましては、前日18:00に1回、当日18:00に1回お送りいたします。もし、前日18:00にメールが届かない場合には、できるだけお早めに飯間(takumi.japon@gmail.comもしくは090-9640-2024)までご連絡ください。万が一、配信がうまくいかなかった場合には、後日のアーカイブ配信となります。ご了承の上、お申し込みくださいますようお願い申し上げます。

 

 

主催:一般社団法人 TAKUMI-Art du Japon               

   一般財団法人 カルチャー・ヴィジョン・ジャパン

2021年第11回対談イベントのご案内【ゲスト:細尾真考様】

近藤よりみなさまへ

 

匠対談シリーズ2021年第11回会合は、下記のごとく会場とZoomの併用(いわゆるハイブリッド方式)で行います。

但し①コロナの感染状況が極度に悪化した場合などはオンラインのみに切り替える可能性があること、および

②会場で行う場合も、参加頂く場合の万全の感染予防対策(マスク着用、手指の消毒、体調管理など)をお願いすることを申し添えます。

 

今回のゲストは、著名な若手西陣織の細尾真孝氏です。

細尾氏は、株式会社細尾代表取締役社長で、フィレンツェ留学後2008年に細尾に入社し、西陣織の技術を生かした革新的なテキスタイルを世界に展開し、ディオール、シャネル、エルメスなどのラグジャリーブランドや、リッツカールトン・ホテルなどにも納めるなど、日本の伝統工藝の名を世界に広げられました。

細尾社長には、最近出版された『日本の美意識で世界初に挑む』をテーマに、日本の伝統工芸の魅力のどこに注目し、世界に通用させるためには如何なる戦略が必要か、運をつかむにはどうしたらよいかなどにつき、ご自身の成功・失敗談をベースにお話を頂きたいと思っております。

 

対談ゲスト:細尾真孝氏(株式会社細尾代表取締役社長)

テーマ:日本の美意識で世界に挑む

日時:2021年11月5日(金)

      18:00~18:30 席にてお弁当    

      18:30~20:00 対談(開場17:30)

場所:アークヒルズクラブ クラブルーム

   (東京都港区赤坂1丁目12-32 アーク森ビル イーストウ

   ィング 37階)

定員:原則30名まで(ソーシャル・ディスタンシング確保のため)

会費:会場(弁当付き)一般8,000円、「匠」会員7,000円 

           学生3,000円

     (弁当なし)一般5,000円 「匠」会員4,000円 

           学生500円

   オンライン  一般4,000円  「匠」会員2,000円

           学生 500円

(1)お申込み:①下記フォームよりお申し込みください。

https://forms.gle/5iCsEvbkNFh68iMd7

②メールの場合:お申し込みはこのメールにご返信頂くかたちで、以下のいずれかを銘記して行って下さい。

   Aー会場(弁当つき)

   Bー会場(弁当なし)

   Zーオンライン

 

お申込み後、「お申込み完了メール」をお届けします。

 

(2)参加費:

上記「お申込み完了メール」お受け取り後、同メール記載の当法人口座に、お名前の前に「11」とご入力の上、11月2日(火曜日)までに該当金額をお振込み下さい。

 

注:(1)対面でご参加の場合は、マスク着用、手指のアルコール消毒、ご自身のご健康のチェック(検温)等感染予防に最大限のご留意とご対応をお願い申し上げます。

 

(2)対面のご希望者が定員の30名を超える場合は、オンライン参加をお願いすることがございます。

  

  (3) <会場での対面方式ご参加に当たっての参加費のお支払い手続きについて>

会場における対面方式でのご参加の際、従来は参加費を当日会場受付において現金にてお支払い頂いておりましたが、コロナ禍における密状態を避けるため、すべて事前の振込手続き方式に変更させていただきます。なお上記(2)の会場の人数制限のため、対面式のお申し込みをいただきましてもご要望に沿えないことも考えられますので、お振込手続きはお申込みと同時ではなく、「お申込み完了メール」をご確認いただいた上で行って頂きますようお願い申し上げます。

 

 

(4)また新規に会員となることをご希望の方は、このメール添付の会員申込書のご提出と、会費(個人会員・年5,000円。12月31日まで有効)を参加費と同時にお振込み頂くことで、直ちに会員割引がご利用できます。

 

 (5)<オンライン配信につきまして>

今回のURLにつきましては、前日18:00に1回、当日18:00に1回お送りいたします。もし、前日18:00にメールが届かない場合には、当日できるだけお早めに飯間(takumi.japon@gmail.comもしくは090-9640-2024)までご連絡ください。万が一、配信がうまくいかなかった場合には、後日のアーカイブ配信となります。ご了承の上、お申し込みくださいますようお願い申し上げます。

 

主催:一般社団法人 TAKUMI-Art du Japon               

協賛:アルビオンアート株式会社

お問い合わせ・お申込み:TAKUMI-Art du Japon 事務局

Mail: takumi.japon@gmail.com

電話:03-6318-5950(担当:飯間)

お申込みの際は、お名前・メールアドレス・電話番号をお知らせ下

さい

2021年第2回対談イベントのご案内【ゲスト:アレックス・カー様 】

本年2回目の対談は、日本の文化について造詣の深いガイジンのひとり、アレックス・カーさんと行います。

昨年、マーチン・コルカット先生、グレン・フクシマさん、リシャール・コラスさん、ロバート・キャンベルさんと4人の日本通で日本語が堪能な外国人の方々からお話を伺いました。

 

今回は、『美しき日本の残像』、『犬と鬼』、『ニッポン巡礼」などの著者で知られており、現在はたまたまタイのバンコクにおられますが、Zoom であることを利用して、対談にご登壇をお願いし、快諾して頂きました。彼とは、以前何回かテレビやシンポジウム(小池知事主催の「無電柱化推進シンポジウム」など)で一緒になったことがあります。

 
ゲスト:アレックス・カー様

テーマ:「日本探訪~その隠された美を求めて」

2021年第1回対談イベントのご案内【ゲスト:前田万葉 先生】

2018年初頭以来、日本人をさまざまな角度から論じてきた「匠」対談シリーズは、2021年も引き続き(当面はZoomにて)行います。

新年第一回目にご登壇頂くのは、カトリック枢機卿の前田万葉神父です。キリシタン迫害に会われたご先祖のあとを受けて神父の道を歩み始め、やがて大司教、ついには枢機卿という地位にまで登り詰められました。

日本人を論じるに当たって、宗教・信仰は欠かせない側面で、2020年12月4日の玄侑宗久先生の仏教からのお話に続き、今回はキリスト教の視点で、ポストコロナの現代社会と日本人を論じて頂きます。

オンライン対談ゲスト:前田万葉 先生( カトリック大阪教区大司教・枢機卿 )

テーマ:日本人とキリスト教〜伝来、潜伏キリシタン、そして現代の日本人の心にとって〜

2020年第8回対談イベントのご案内

「文明の流れの中の日本人論」をテーマとしてきた2020年の匠対談の最後は、世界的建築家隈研吾さんです。

文化芸術と科学技術の双方にまたがる知的活動である建築の観点から、現代のライフスタイルの変化の特徴とその行方について、さまざまな国での経験を踏まえてお話し頂きます。

オンライン対談:ゲスト 隈研吾先生( 建築家 )

テーマ:建築と文明 ~ポストコロナの建築を問う~ 

12月は玄侑宗久先生をお迎えします

【TAKUMI-Art du Japon】対談シリーズ2020の第五回(9月)会合のご案内

本対談シリーズは、2回の対面対談実施(月尾嘉男先生、マーチン・コルカット先生)の後、オンライン(Zoom)対談に切り替えて、グレン・フクシマさん(米国先端政策研究所上級研究員:5月29日)とリシャール・コラスさん(シャネル合同会社会長:6月30日)にご登壇頂き、いずれも大好評でした。

 

次回は、下記の如くロバート・キャンベル先生にご登場頂きます。4月17日に予定していたものをZoomでの対談とすることとなりました。コロナ問題で関心が高まっている「日本人論」を語るには、最適の外国人のおひとりです。

オンライン対談:ゲスト ロバート・キャンベル氏(日本文学研究者、国文学研究資料館長)

テーマ:日本古典と感染症

日時:2020年9月3日(木) 19:00~20:30

ツール:Zoom

参加費:一般 4,000円

    会員 2,000円

注:(1)参加費は、お申込後にお届けする「お申込完了メール」に記載の当法人口座に、8 月28 日(金)までにお振込み下さい。

(2)また新規に会員となることをご希望の方は、このメール添付の会員申込書のご提出と、会費(年5,000円。12月31日まで有効)を参加費と同時にお振込み頂くことで、直ちに会員割引がご利用できます。

定員:50名

主催:一般社団法人 TAKUMI-Art du Japon                 

協賛:アルビオンアート株式会社、株式会社神戸ゴマルゴ

お問い合わせ・お申込み:TAKUMI-Art du Japon 事務局

Mail: takumi.japon@gmail.com

電話:03-6318-5950(担当:飯間)

Fax:03-3431-1477

お申込みの際は、オンライン対談のURLをお送りする宛先のメールアドレスをお知らせ下さい。

 

近藤誠一

 

*******************************************

一般社団法人 TAKUMI Art du Japon

事務局 飯間美幸

直通 090-9640-2024

〒105-0001  東京都港区虎ノ門5-11-1

オランダヒルズ森タワーRoP1004号室

TEL:03-6318-5950

FAX:03-3431-1477

E-mail :takumi.japon@gmail.com

ホームページ:https://www.takumi-artdujapon.jp/

*******************************************

緊急のお知らせ

先日ご案内した2020対談シリーズ第三回「日本の文学に表れる日本文化の特徴の変遷」(ロバート・キャンベル先生)は、延期(時期未定)とさせて頂きます。

対談シリーズのお申込みについて

下記①②いずれかの方法でお願いいたします。

TAKUMI Art du Japon事務局までメールにて。(HP「お問合せ」からも受け付けております)

takumi.japon@gmail.com


②お電話、FAXなどの場合は、下記スタッフまで。

電話:03-6318-5950(総務 飯間美幸)

Fax:03-3431-1477(同上)

*尚、締切日を過ぎての変更・キャンセルにつきましては、会費をお納めいただきますこと、ご了承くださいませ。

2月はコルカット先生をお迎えします

2020年は1月7日から始まります

2019年最後の対談 久々に「工芸」を語ります

芸術の秋 バレエはお好きですか

対談シリーズ2019 秋は9月30日から始まります

対談シリーズのお申込について

下記①②いずれかの方法でお願いいたします。

TAKUMI Art du Japon事務局までメールにて。(HP「お問合せ」からも受け付けております)

takumi.japon@gmail.com


②お電話、FAXなどの場合は、下記アシスタントまで。

電話:03-3346-6000(アシスタント新井真希子)

Fax:03-3346-3222(同上)

*尚、締切日を過ぎての変更・キャンセルにつきましては、会費をお納めいただきますこと、ご了承くださいませ。

対談シリーズ2019も6回目を迎えます

5月の対談は20日。ノーベル化学賞の野依先生がお話しくださいます。

4月は高階先生をお迎えします

3月からの《対談シリーズ》は「クラブルーム」にて

3月の対談は、これまでとは以下の点で異なります。

1.場所:アークヒルズクラブの「クラブルーム」(同じフロアにありますが、これまでの「コンチネンタル・ダイニング」ではありません)。

2.対談後の食事は着席ではなく、立食形式です(対談後、隣の部屋に移って召し上がって頂きます)。

3.その結果、これまでより参加費がお安くなりました。
従来 一般参加費 14,500円(対談のみ参加5,000円)、会員参加費 12,500円(同 4,000円)でしたが

3月から 
一般参加費  10.500円(対談のみ参加5,000円)
会員参加費   8,500円(対談のみ参加4,000円) 
となります。

4.定員 90名(先着順 但し会員優先)
これまでは50名でしたが、多くの方のご参加が可能となります。

皆さま奮ってご参加ください。お待ちしております。

対談シリーズ2019 のお申込み方法について


お申込みその他のご連絡先は、昨年と異なりますのでご注意下さい。


下記①②いずれかの方法でお願いいたします。

TAKUMI Art du Japon事務局までメールにて。(HP「お問合せ」からも受け付けております)

takumi.japon@gmail.com (担当 笠原理香)


②お電話、FAXなどの場合は、下記アシスタントまで。

電話:03-3346-6000(アシスタント新井真希子)

Fax:03-3346-3222(同上)

*尚、締切日を過ぎての変更・キャンセルにつきましては、会費をお納めいただきますこと、ご了承くださいませ。

3月は落語のさん喬師匠をお迎えします

2月は小笠原敬承斎氏と宇津木安来氏をお迎えしての《鼎談》です

 《2019》の第一回は 1月22日(火)18:00より

対談シリーズ2019

対談シリーズ2019が始まります!

第一回目のゲストは蒔絵の人間国宝 室瀬和美氏
「昨年の活動の評価と Japonismes 2018 参加から学んだこと」をテーマに話し合います。
ふるってご参加ください。    

日時:2019年1月22日(火) 18:00~
場所:クヒルズクラブ
港区赤坂11232アーク森ビルイーストウィング37階
参加費:一般1,00円(含食事。対談のみは5,000円)、会員12,500円(4,000円)
定員: 50名(先着順 但し会員を優先)


お申込みはTAKUMI Art du Japon事務局までメールにてお願いいたします。(HPお問合せからも受け付けております)
お電話、FAXなどの場合は、下記アシスタントまでお願いいたします。


takumi.japon@gmail.com (担当 笠原理香)

電話:03-3346-6000(アシスタント新井真希子)

Fax:03-3346-3222(同上)   

お申込みその他のご連絡先は、昨年と異なりますのでご注意下さい。

《対談シリーズ》最終回は千玄室大宗匠がご登場

会場は再び京都です

11 月は金工の中川衛氏を金沢に訪ねます

10月は”食”の分野の匠の技を

9月第二弾はいつものアークヒルズクラブにて

9月は再び京都です

対談は8月も続きます!

7月対談 岡岩太郎氏

6月の対談は25日(月)です

5月の対談は30日(水)です

4月 今泉今右衛門氏との対話

お申し込みは、かまくら春秋社内、TAKUMI事務局 takumi@kamashun.co.jp まで

《対談シリーズ》3月は京都と東京にて2回開催します。
お申込み等お間違えの無いよう、お願いいたします。

3月21日(水・祝)京都 仁風庵
3月22日(木)  東京 アークヒルズクラブ





第一回ご報告

1月29日に催された《匠と語る日本の未来》第一回は、お蔭さまで定員を上回る盛況な会となり貴重な対談を終えることができました。
対談概要は追って掲載したいと思いますが、たまたま代表理事近藤誠一が新美術新聞のコラムを執筆。その記事をご紹介致します。



©新美術新聞社 2月11日号
http://www.art-annual.jp/news-paper/

第二回 2月22日(木)

ゲストに竹工芸の藤沼昇氏をお迎えします。皆さまのご参加をお待ちしております。
お申し込みは、かまくら春秋社(0467-24-7223)(takumi@kamashun.co.jp)までお願いいたします。

1月29日(月)




来る1月29日(月)18時より、アークヒルズにて、室瀬和美氏をお招きして《対談シリーズ》第一回を開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。



後援:京都府、京都市、  協力:公益社団法人・日本工芸会、かまくら春秋社

9gatu

芸術の秋

2021年第1回対談イベントのご案内

2018年初頭以来、日本人をさまざまな角度から論じてきた「匠」対談シリーズは、2021年も引き続き(当面はZoomにて)行います。

新年第一回目にご登壇頂くのは、カトリック枢機卿の前田万葉神父です。キリシタン迫害に会われたご先祖のあとを受けて神父の道を歩み始め、やがて大司教、ついには枢機卿という地位にまで登り詰められました。

日本人を論じるに当たって、宗教・信仰は欠かせない側面で、2020年12月4日の玄侑宗久先生の仏教からのお話に続き、今回はキリスト教の視点で、ポストコロナの現代社会と日本人を論じて頂きます。

オンライン対談ゲスト: 前田万葉 先生( カトリック大阪教区大司教・枢機卿 )

テーマ:日本人とキリスト教〜伝来、潜伏キリシタン、そして現代の日本人の心にとって〜

お問い合わせ
ページの先頭へ