対談シリーズ

ホーム  »  対談シリーズ

2021年第2回対談イベントのご案内【ゲスト:アレックス・カー様 】

本年2回目の対談は、日本の文化について造詣の深いガイジンのひとり、アレックス・カーさんと行います。

昨年、マーチン・コルカット先生、グレン・フクシマさん、リシャール・コラスさん、ロバート・キャンベルさんと4人の日本通で日本語が堪能な外国人の方々からお話を伺いました。

 

今回は、『美しき日本の残像』、『犬と鬼』、『ニッポン巡礼」などの著者で知られており、現在はたまたまタイのバンコクにおられますが、Zoom であることを利用して、対談にご登壇をお願いし、快諾して頂きました。彼とは、以前何回かテレビやシンポジウム(小池知事主催の「無電柱化推進シンポジウム」など)で一緒になったことがあります。

 
ゲスト:アレックス・カー様

テーマ:「日本探訪~その隠された美を求めて」

2021年第1回対談イベントのご案内【ゲスト:前田万葉 先生】

2018年初頭以来、日本人をさまざまな角度から論じてきた「匠」対談シリーズは、2021年も引き続き(当面はZoomにて)行います。

新年第一回目にご登壇頂くのは、カトリック枢機卿の前田万葉神父です。キリシタン迫害に会われたご先祖のあとを受けて神父の道を歩み始め、やがて大司教、ついには枢機卿という地位にまで登り詰められました。

日本人を論じるに当たって、宗教・信仰は欠かせない側面で、2020年12月4日の玄侑宗久先生の仏教からのお話に続き、今回はキリスト教の視点で、ポストコロナの現代社会と日本人を論じて頂きます。

オンライン対談ゲスト:前田万葉 先生( カトリック大阪教区大司教・枢機卿 )

テーマ:日本人とキリスト教〜伝来、潜伏キリシタン、そして現代の日本人の心にとって〜

2020年第8回対談イベントのご案内

「文明の流れの中の日本人論」をテーマとしてきた2020年の匠対談の最後は、世界的建築家隈研吾さんです。

文化芸術と科学技術の双方にまたがる知的活動である建築の観点から、現代のライフスタイルの変化の特徴とその行方について、さまざまな国での経験を踏まえてお話し頂きます。

オンライン対談:ゲスト 隈研吾先生( 建築家 )

テーマ:建築と文明 ~ポストコロナの建築を問う~ 

12月は玄侑宗久先生をお迎えします

【TAKUMI-Art du Japon】対談シリーズ2020の第五回(9月)会合のご案内

本対談シリーズは、2回の対面対談実施(月尾嘉男先生、マーチン・コルカット先生)の後、オンライン(Zoom)対談に切り替えて、グレン・フクシマさん(米国先端政策研究所上級研究員:5月29日)とリシャール・コラスさん(シャネル合同会社会長:6月30日)にご登壇頂き、いずれも大好評でした。

 

次回は、下記の如くロバート・キャンベル先生にご登場頂きます。4月17日に予定していたものをZoomでの対談とすることとなりました。コロナ問題で関心が高まっている「日本人論」を語るには、最適の外国人のおひとりです。

オンライン対談:ゲスト ロバート・キャンベル氏(日本文学研究者、国文学研究資料館長)

テーマ:日本古典と感染症

日時:2020年9月3日(木) 19:00~20:30

ツール:Zoom

参加費:一般 4,000円

    会員 2,000円

注:(1)参加費は、お申込後にお届けする「お申込完了メール」に記載の当法人口座に、8 月28 日(金)までにお振込み下さい。

(2)また新規に会員となることをご希望の方は、このメール添付の会員申込書のご提出と、会費(年5,000円。12月31日まで有効)を参加費と同時にお振込み頂くことで、直ちに会員割引がご利用できます。

定員:50名

主催:一般社団法人 TAKUMI-Art du Japon                 

協賛:アルビオンアート株式会社、株式会社神戸ゴマルゴ

お問い合わせ・お申込み:TAKUMI-Art du Japon 事務局

Mail: takumi.japon@gmail.com

電話:03-6318-5950(担当:飯間)

Fax:03-3431-1477

お申込みの際は、オンライン対談のURLをお送りする宛先のメールアドレスをお知らせ下さい。

 

近藤誠一

 

*******************************************

一般社団法人 TAKUMI Art du Japon

事務局 飯間美幸

直通 090-9640-2024

〒105-0001  東京都港区虎ノ門5-11-1

オランダヒルズ森タワーRoP1004号室

TEL:03-6318-5950

FAX:03-3431-1477

E-mail :takumi.japon@gmail.com

ホームページ:https://www.takumi-artdujapon.jp/

*******************************************

緊急のお知らせ

先日ご案内した2020対談シリーズ第三回「日本の文学に表れる日本文化の特徴の変遷」(ロバート・キャンベル先生)は、延期(時期未定)とさせて頂きます。

対談シリーズのお申込みについて

下記①②いずれかの方法でお願いいたします。

TAKUMI Art du Japon事務局までメールにて。(HP「お問合せ」からも受け付けております)

takumi.japon@gmail.com


②お電話、FAXなどの場合は、下記スタッフまで。

電話:03-6318-5950(総務 飯間美幸)

Fax:03-3431-1477(同上)

*尚、締切日を過ぎての変更・キャンセルにつきましては、会費をお納めいただきますこと、ご了承くださいませ。

2月はコルカット先生をお迎えします

2020年は1月7日から始まります

2019年最後の対談 久々に「工芸」を語ります

芸術の秋 バレエはお好きですか

対談シリーズ2019 秋は9月30日から始まります

対談シリーズのお申込について

下記①②いずれかの方法でお願いいたします。

TAKUMI Art du Japon事務局までメールにて。(HP「お問合せ」からも受け付けております)

takumi.japon@gmail.com


②お電話、FAXなどの場合は、下記アシスタントまで。

電話:03-3346-6000(アシスタント新井真希子)

Fax:03-3346-3222(同上)

*尚、締切日を過ぎての変更・キャンセルにつきましては、会費をお納めいただきますこと、ご了承くださいませ。

対談シリーズ2019も6回目を迎えます

5月の対談は20日。ノーベル化学賞の野依先生がお話しくださいます。

4月は高階先生をお迎えします

3月からの《対談シリーズ》は「クラブルーム」にて

3月の対談は、これまでとは以下の点で異なります。

1.場所:アークヒルズクラブの「クラブルーム」(同じフロアにありますが、これまでの「コンチネンタル・ダイニング」ではありません)。

2.対談後の食事は着席ではなく、立食形式です(対談後、隣の部屋に移って召し上がって頂きます)。

3.その結果、これまでより参加費がお安くなりました。
従来 一般参加費 14,500円(対談のみ参加5,000円)、会員参加費 12,500円(同 4,000円)でしたが

3月から 
一般参加費  10.500円(対談のみ参加5,000円)
会員参加費   8,500円(対談のみ参加4,000円) 
となります。

4.定員 90名(先着順 但し会員優先)
これまでは50名でしたが、多くの方のご参加が可能となります。

皆さま奮ってご参加ください。お待ちしております。

対談シリーズ2019 のお申込み方法について


お申込みその他のご連絡先は、昨年と異なりますのでご注意下さい。


下記①②いずれかの方法でお願いいたします。

TAKUMI Art du Japon事務局までメールにて。(HP「お問合せ」からも受け付けております)

takumi.japon@gmail.com (担当 笠原理香)


②お電話、FAXなどの場合は、下記アシスタントまで。

電話:03-3346-6000(アシスタント新井真希子)

Fax:03-3346-3222(同上)

*尚、締切日を過ぎての変更・キャンセルにつきましては、会費をお納めいただきますこと、ご了承くださいませ。

3月は落語のさん喬師匠をお迎えします

2月は小笠原敬承斎氏と宇津木安来氏をお迎えしての《鼎談》です

 《2019》の第一回は 1月22日(火)18:00より

対談シリーズ2019

対談シリーズ2019が始まります!

第一回目のゲストは蒔絵の人間国宝 室瀬和美氏
「昨年の活動の評価と Japonismes 2018 参加から学んだこと」をテーマに話し合います。
ふるってご参加ください。    

日時:2019年1月22日(火) 18:00~
場所:クヒルズクラブ
港区赤坂11232アーク森ビルイーストウィング37階
参加費:一般1,00円(含食事。対談のみは5,000円)、会員12,500円(4,000円)
定員: 50名(先着順 但し会員を優先)


お申込みはTAKUMI Art du Japon事務局までメールにてお願いいたします。(HPお問合せからも受け付けております)
お電話、FAXなどの場合は、下記アシスタントまでお願いいたします。


takumi.japon@gmail.com (担当 笠原理香)

電話:03-3346-6000(アシスタント新井真希子)

Fax:03-3346-3222(同上)   

お申込みその他のご連絡先は、昨年と異なりますのでご注意下さい。

《対談シリーズ》最終回は千玄室大宗匠がご登場

会場は再び京都です

11 月は金工の中川衛氏を金沢に訪ねます

10月は”食”の分野の匠の技を

9月第二弾はいつものアークヒルズクラブにて

9月は再び京都です

対談は8月も続きます!

7月対談 岡岩太郎氏

6月の対談は25日(月)です

5月の対談は30日(水)です

4月 今泉今右衛門氏との対話

お申し込みは、かまくら春秋社内、TAKUMI事務局 takumi@kamashun.co.jp まで

《対談シリーズ》3月は京都と東京にて2回開催します。
お申込み等お間違えの無いよう、お願いいたします。

3月21日(水・祝)京都 仁風庵
3月22日(木)  東京 アークヒルズクラブ





第一回ご報告

1月29日に催された《匠と語る日本の未来》第一回は、お蔭さまで定員を上回る盛況な会となり貴重な対談を終えることができました。
対談概要は追って掲載したいと思いますが、たまたま代表理事近藤誠一が新美術新聞のコラムを執筆。その記事をご紹介致します。



©新美術新聞社 2月11日号
http://www.art-annual.jp/news-paper/

第二回 2月22日(木)

ゲストに竹工芸の藤沼昇氏をお迎えします。皆さまのご参加をお待ちしております。
お申し込みは、かまくら春秋社(0467-24-7223)(takumi@kamashun.co.jp)までお願いいたします。

1月29日(月)




来る1月29日(月)18時より、アークヒルズにて、室瀬和美氏をお招きして《対談シリーズ》第一回を開催いたします。
皆さまのご参加をお待ちしております。



後援:京都府、京都市、  協力:公益社団法人・日本工芸会、かまくら春秋社

9gatu

芸術の秋

2021年第1回対談イベントのご案内

2018年初頭以来、日本人をさまざまな角度から論じてきた「匠」対談シリーズは、2021年も引き続き(当面はZoomにて)行います。

新年第一回目にご登壇頂くのは、カトリック枢機卿の前田万葉神父です。キリシタン迫害に会われたご先祖のあとを受けて神父の道を歩み始め、やがて大司教、ついには枢機卿という地位にまで登り詰められました。

日本人を論じるに当たって、宗教・信仰は欠かせない側面で、2020年12月4日の玄侑宗久先生の仏教からのお話に続き、今回はキリスト教の視点で、ポストコロナの現代社会と日本人を論じて頂きます。

オンライン対談ゲスト: 前田万葉 先生( カトリック大阪教区大司教・枢機卿 )

テーマ:日本人とキリスト教〜伝来、潜伏キリシタン、そして現代の日本人の心にとって〜

お問い合わせ
ページの先頭へ